スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凸凹マッチング

ノーマルだとよくありますよね。



Platの対面がBronzeとか。
自分の対面が元ダイアとか。

まぁ色々あると思います。
特に困るのが、味方の対面に格上が来てしまった場合。
どのレーンにしても、圧倒的に知識差が生じる場合はどうしようもありません。カバーに入ろうとしても死にますし、カバーに入らなければFedった敵がトレーラーのような獅子奮迅の一騎当千しちゃいますからね。

今回は、Mid Xerath(ティア)の対面が元PlatのGoldYasuoで、JungleNauti(bronze1)がJungleYi(Plat5)でした。

まぁMidは“引きのティア”の異名を欲しいままにするティア。土下座なんてお手の物ですからね。普通にやってました。CSだけ取って。気付いたら3デスしてた気がしますけど。

ただ、JungleYiがヤバい。
最初俺とみおさんでBotLanewを完璧Dominateしてたんですよ。

Lucian Blitzがレベル6の頃Vayne達レベル2でしたからね。圧倒的なまでのレーンフリーズとゾーニングでした。
ただ、YiがGank来まくって返されました。
なんであんなにポンポンGank食らったのか分りません。なんか知らない内にやられてたんで集中しねーといけないなーとは思いました:D

やっぱり疲れてる時にやるゲームって色々酷いですねXD
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。