スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事

なんやかんやつつがなくやってます。




新人営業マンとして日々是精進の気持ちで励んでおります。
ありがたいことに、色々なところに訪問させて頂いております。

私にとっては全てが初体験ですので驚きの連続であったり発見の連続であったり、
成功体験があったり失敗体験があったり。
様々なことがありますが、なんとか楽しくやっております。

楽しく仕事が出来る。

これに勝る喜びはないかもしれない、などなどと思いながら仕事をしております。

最近は同僚から一目置かれるようになりました。


弊社は法人向けサービス/プログラムを開発・提案・提供するメーカーでございます。
ベンダーといってもいいかもしれません。
元々、プル型営業ということで入社致しましたが、結局どうしてもプルには知名度が必要ですので、プッシュ営業もする必要が出てくるのです。

プッシュ営業とは…悪く言えば押し売りです。基本的にお客様には需要がありません。
プル営業とは…お問い合わせに対応する営業です。元々お客様には需要があります。

で、です。

基本的にプッシュ営業は飛び込み営業ですとかテレアポですとか。
恐らく営業されたことがない人が思い浮かべる、“営業って嫌な仕事”のような部分ですね。

基本的に自社をほとんど知らないような人に対して電話を掛け、自社の魅力を語り、お客様のニーズを引き出し、
アポイントを取り、訪問して、要件をヒアリングして、提案して、見積書を作って…って感じです。
まぁプル型でも結局やることは一緒なのですけど、プル型とプッシュ型では大きく違う部分がありまして。


それはお客様の熱意です。

プル型の場合は、基本的にお客様は何かしらの課題を抱えていらっしゃいます。そこに対して提案を掛けていくので、比較的話が続きやすいです。
対してプッシュ型の場合は、最悪の場合ですと受付の電話で切られることがあります。

「お世話になります、私~のちわと申します。~様いらっしゃいますか」
「どういったご用件でしょうか」
「非常に御社に対して有益なご提案を…」
「ご提案はお断りさせて頂いております」
「オツカレシター」

こうなると心が折れますね。ハハ。

ただ、ただですよ。
私はそこで全く心が折れないわけです。
まぁよっぽどひどい対応された場合とかは電話切った後逆切れしますけど、そんなの入社してからまだ片手で数えるほどしか経験がございません。

というわけで、非常に鈍感なのです。人の痛みに気づけないって言う私の非人間らしさの使い道は、営業にあったわけです!

そんなわけで心の痛みを全く感じない私は馬車馬のように電話を掛け捲ってアポを取りまくってます。

粘りが半端じゃないです。
中学1年生の頃に好きな女の子が居ました。
猛烈にアタックを掛けすぎてめちゃくちゃ避けられたんですけど、それでも粘ってました。
最終的にものすごい避けられ方をして心が折れたのでやめたんですけど、私のあまりの執着ぶりに、クラスメイトたちも
「こいつやべーやつだ」
と感づいたらしく、冷やかし等を全く受けませんでした。

そんな粘り気のある私なので、仮にお客様がやんわりと断ったとしても、ものすごい勢いで食い下がります。
それはもう食い下がります。ぶっちゃけお客様の話なんて聞いてないです。

「訪問していいですか?」
「いいですよ」

以外の答えはありません。
忙しいとか嘘です。興味ないとか嘘です。情報収集してないなんて嘘なんです。
もう散々ぱら聞かされたんで知ってます。
誰だって忙しいです。誰だって知らない製品に興味ありません。誰だってめんどくさい分野の情報収集なんてしたくありません。


ってことで、その辺を上手くつついて、短い時間で端的に業界動向なんかを教えますよ、挨拶程度にいかがですか?
って言ってあげるとあっさり落ちます。基本断られません。

勿論システム的にどうしても導入できないとか、事務所の引越しで忙しいとか、マイナンバー対策で忙しいとか、
インフラ周りの整備で忙しいとか、社内イベントが近いとか、期末でばたついているとか、期毎の組織編制に際してシステムメンバー入れ替えの作業があるとか。

本当にお客様がお忙しい場合も多数あります。
なんですけど、基本的に自分のアプローチ方法が間違っていなければ次回電話を掛けて良い日程ですとか、
最悪遠い先の訪問日程なんかもお約束できるわけですよ。

ってことで、めちゃくちゃアポイント取れてお客様とお話できて、果ては漸く私がお金を生み出せそうな案件を創出できたので。

仕事が非常に楽しいです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。