君の名は。

君の名は




観てきました。
非常に良かったです。

人生で初めて2回映画館で観ました。

三葉が圧倒的に可愛い。瀧君ずっと瀧が苗字だと思ってた。妹も可愛い。悠木碧可愛い。名前忘れた。

今年は映画が豊作で私は嬉しい。

文句なしに最高レベルで面白い映画です。と言うか今まで観てきた映画の中で一番面白かったと言っても良い。
それほどまでに私は動かされました。非常に良かった。

以下ネタバレです。





・タイムトラベルが非常に良い

そもそも、男女入れ替わって何かするって言う話、予告編だけで胸打たれてワクワクしてました。
何を見せてくれるんだろうって思ってました。

もう、この際ただただ入れ替わった二人が、その入れ替わりを皮切りに仲良くなってキスして終わり、
くらいのものでよかった。私にとっては。

それだけに都会のイケメンと田舎の美少女が入れ替わると言う話は、私にとってはキャッチーでした。

しかし、よりによってタイムトラベルがくるとは。

私はタイムトラベル、ひいてはループなどの時間を使ったトリックや叙述に滅法弱いです。
思えばCross Channelから始まりStines Gate、ハルヒの消失、空を飛ぶ7つの方法(クッソ古いですけど)、インターステラー、etcetc....

しかもこの作品は単なるタイムトラベルじゃない。

時間を捻じ曲げるタイムトラベルだ。
人が、意思が、想いを届けるために本来人が立ち入ることの出来ない4次元空間に立ち入って、
過去を捻じ曲げ、想いを遂げる。

熱すぎる。
だからこそ非常に面白かった。期待以上だった。本当に、期待以上だった。嬉しかった。
短絡的で浅い言葉しか書けないのが悔しいくらいに素晴らしい映画だったと思います。



・新海誠作品を初めて観た

今回RADWIMPSが音楽を手がけることや、神木君が声優をつとめたっていうところで、
そのファンも多く観覧しているように思えます。
だからこそ、新海誠作品を初めて観る人は、意外と少なくないんじゃないかって思ってます。

私もその中の一人で、新海誠作品は一度も観たことがありませんでした。
ですので、ある意味フラットに評価できていると思います。

そもそも邦画自体嫌ってて、だから実写もアニメも邦画は殆ど観てこなかったから、
色んなところにオマージュとかが仕込まれてて、人によってはそれを陳腐と下す評価軸だったり、
好意的に捉えるためのエッセンスに使ってまして、そういった意味ではより深く作品を知るために、
もっと色々な背景事象で観覧鑑賞できるように、下地を涵養してくるべきだったのかもしれません。

しかし、そんな前知識がなくとも(無いからこそ)楽しめました。


と言うのも、中盤、物語の破砕点に於いて、なんで三葉と瀧君の交信が途絶えたのか、
分かりませんでした。

まさか村全体が吹っ飛んでいるとは。なんてこったいって感じ。絶望感しかありませんでした。
なんで時間がずれているのか全然分かんなかったし、その後どうするかマジで分からなかった。

それに、そもそも三葉を瀧君がちゃんと救えるのかとか、新海誠作品を観たことが無いからこそ
「あーこれ結局そうなるやつでしょ?」的な予測も立てられなかった。BADENDもワンチャンある監督だとは聞いていたから、
普通にその方向で集約される可能性もあったし、マジで手に汗握ってた。

だから、三葉の説得によって村民が避難してた時は安堵しました。いや、勿論序盤で大人の三葉が出てるんだから、
あそこで死んじゃってたら意味わかんないんだけどね_(:3」∠)_
完全に諸々前提条件が吹っ飛んでいた。

で、損保興亜ビルの前で瀧くんと三葉がすれ違って何かを感じて交互に背後を確かめ合うシーンがあるんだけど、
あそこで終わってしまう可能性も考えてた。
新海誠は次に何をするのか、全く分からなかったからこそすげーハラハラしたし、
最終的に瀧くんと三葉が出会えてマジで良かった。


・RADの音楽

普通に良かった。
レビューとかで批判的に書いている人の大半がRADの音楽がうるさい(主張しすぎている)
だったから、批判的になってしまった彼らはRADとの親和性が低い。音楽性の違いがある。
だからこそ楽しめないのはマジで可哀想だと思う。こんなにawesomeな映画なのに・・・


そういった意味では全く興味の無い時分から(思えば4年くらい前から)RADのライブに俺を
駆り出してくれていた姉にはマジ感謝だと思う。

何も知らない俺が、君の名は。を観たとしても、俺は多分こんなepicな気分には浸れなかったと思うし、
RADの音楽が好きだったからこそここまで没入できたのは絶対にある。

楽しめた要因には、それに起因するところも多分にある。

どの楽曲も良かった。ってか俺は前前前世がスタッフロールとかクレジットで流れるもんだと思ってたから、
オープニングがあることにも、入れ替わってるって気づく場面で前前前世が流れることにも、
彗星をバックに5次元の儚さを歌うことも、ラストワンチャンスに願いを込めるのも、全部の
歌詞付き楽曲に意味を見出せたし、音楽と映像の融合って言う側面からも楽しめた。

そういった意味で本当に、RADのことをある程度知っていて好きだったのは良かったと思う。

ドラムが抜けてファンクラブ作って会費集めている様を観てオワコンだって思ってたけど全然いけるし、
またライブがあったなら行きたい。ってかやるよね?
そっち方面も楽しみである。


・2回目観てきて

2回目も鳥肌たった。良かった。もう雰囲気だけでも何でも良い。俺はこの映画が好きだ。
何をどう言葉にしたって結局私が書くと胡散臭くなってしまうから(なんでなんだろうか)
何をしたってしょうがないんだけど、でもこの映画は本当に良い映画だと思う。

勿論、これだけヒットしているからこそちゃんとしたストーリーや理論に支えられているんだろうって
考えて観に行く人からすれば、ここまで評価しているのはおかしいって想うかもしれない。

ただ、こういう若い想いとか熱さとか雰囲気とか、そういったものに酔いしれて尚且つ
凄いツボなストーリー、舞台装置、大どんでん返しのデウスエクスマキナ(良い意味でも悪い意味でも)があるってことは、
純粋なエンタメとしてかなり高いレベルに纏まっているように思える。

細かい理屈を抜きにしても、声優陣もかなり上手くやっていると思う。没入感マジであった。
奥寺先輩が長澤まさみとはスタッフロールを観ても気づかなかった(近視)



・CDを買った

もう当然だった。こんなん買うしかない。
良かった今聴いている。

私としては映画とリンクしているスパークルとなんでもないやが良い。
カラオケに入ったらなんでもいいから叫びたい。

その内blu- rayも出るだろうし買いたい。

是非、君の名は。2を作って頂きたい。
ロマンスでもなんでも無くてよい。
瀧くんと三葉がじゃれあっているところを観たい。


なんにせよ、とても良い映画だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する